我が振り直せ

おととい買い物に行ったスーパーで、容器に入ったイチゴがたくさん並べられている売り場の床で何かを踏んづけ、足が少し滑った。見ると、イチゴのようだった。私が最初に踏んづけたのか、すでに潰れたイチゴを踏んだのか、わからない。

別の売り場に行き、はっと買い忘れがあったことに気づいて、また青果売り場に戻った。すると、年配の女性から「ここ、危ないですよ。気をつけて」と言われた。見ると、さっき私が踏んだイチゴだった。彼女も踏みつけたらしい。「私もさっき踏んじゃいました」と言うと、「落とした人にはちゃんと始末してもらいたいわよね」みたいなことを言う。私は「そうですねぇ。でも、気がつかなかったのかも」などとお茶をにごす。そんなことを言っている私の横で、小言を言ったおばちゃまは、バッグからティッシュをさっと取り出し、床の汚れをさっと拭いて、目の前のごみ箱にティッシュをポンと捨てた。

今日、午後から雨という予報だったので(すっかり午後になった今もまだ青空だけど)、その前に買い物を済ませておこうと自転車でいつものスーパーへ行った。1軒目の買い物を済ませ、2軒目に行こうとしたとき、最上階に住む奥さんがちょうど自転車を停めているところに出くわした。すると開口一番、「自転車置き場、相変わらず整頓されてないわよね」と言う。2週間ほど前に開かれた住民会議で、うちのアパートの自転車置き場に子どものおもちゃがいろいろ放り込まれていて、自転車を取り出しにくいという苦情が出ていたのだ。私もよく「あ~、邪魔なおもちゃだ」と思いながら、自転車を取り出していた。今日も出入り口の真ん中に子どものキックボードか何かが転がっていて、閉口したところだった。

この奥さんのご主人は警察官で、二人ともさすがにきちんとルールを守る。それゆえ、ふと出会った時には小言もよく聞く。今回も私は適当に相槌を打って話を終わらせたけれど、買い物を済ませて帰ってくると、なんと、あのぐちゃぐちゃだった自転車置き場がきれいに整頓されていた。「彼女だ!」

小言を言う人は多い。私もきっとしょっちゅう言っている。でも、言うだけでなく、それに働きかける人は少ないのではないか。誰もやっていないから私もしないとか、損得勘定で行動したりとか、ついそんな思いが頭をよぎる。でも、似たような出来事に続いて出くわし、ちょっと反省。

ルーシャは自分のリズムを見つけたよう。外で過ごすのは相変わらず大好きで、エサもきちんと食べている。安心できるかな

0 comments:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.