武器を持たない戦士たち ― 国際赤十字 ―

赤十字、正確には赤十字国際委員会。最近、頻繁にマスコミに登場する名前である。派遣員へのインタビューやスポークスマンの談話など、テレビのニュースや新聞で見聞する機会がこの数週間の間に一段と増えた。世界中が反対する中、悲しくも再び対イラクの戦火が吹き出したのはいまからおよそ一週間前のことである。

間もない開戦が予測された頃、各国の救援組織や外交官が揃って撤退する中で、赤十字国際委員会だけはソマリアやユーゴスラヴィア内戦のときと同様、戦地となるべく地域にとどまった。そして現在、砲弾が降り注ぐ中を負傷者の介護に、国民の食料や飲料水の配布にと奔走している。明白な数字は出ていないものKrieger ohne Waffenの、戦時捕虜も日増しに数を増やしていると見られ、赤十字国際委員会は一刻も早く彼らを訪問できることを願っている。

戦時捕虜の訪問。実はこれが、負傷兵の介護と並ぶ赤十字国際委員会の原点である。これまでに何百万人もの戦時捕虜を訪問し、登録し、家族への手紙を届け、捕虜の交換を行い、家族との再会を叶えてきた。何とも地味な仕事だと思う。赤十字国際委員会の派遣員たちは、このような地味な仕事に情熱を注ぎ続けてきたのである。しかし、同時にこれは命を賭けた危険な課題でもあり、損得なしに人のために尽くすという人道の原点に立つ仕事でもある。このことに異論を挟む余地はない。

このような派遣員の生の報告や興味深い哲学を交え、「武器を持たない戦士」団、ボランティア活動の元祖ともいえる赤十字国際委員会の成り立ちや変遷、また彼らが今日抱える問題をひも解いたのが本書である。寄稿は、赤十字国際委員会の派遣員やスイスのジャーナリスト数人による。最後に、本書の邦訳出版が現在の戦争と重なったのは奇しき偶然であることをお断りしておきたい。

『新評論』 2003年6月号より

原書:Krieger ohne Waffen, 2001, Eichborn Verlag, ISBN 3-8218-4500-7

編:H.M.エンツェンスベルガー

書評:世界週報(2004年3月2日)

放浪するアリ         ― 生物学的侵入をとく ―

Ameise_als_Tramp_small 人類という生き物は、古来旅を好み、居を移し続けてきた。今ではどの大陸も人種のるつぼとなり、そこでさまざまな血が交じり合っている。だが、動いてきたのは人間だけではない。彼らに連れられて、あるいは彼らの意図せぬまま彼らと共に、種々の植物や動物が地域間を、そしてまた大陸間を移動してきた。あっけなく滅びた生物もいれば、ゆっくりと時間をかけて定着した……

美しい足をつくる

gut_zu_Fuss_small 日本の読者へ。私は日本が大好きです。そして、「足」も大好きです。 以前、日本で1年暮らしたことがあります。そのとき、この国とこの国に住む人々が大好きになりました。足が大好きなのは、この器官が運動したり身体を移動させたりすることの基盤だからです。成人の3分の1は足に問題があるか、あるいは足自体が問題となってしまった状態です。絶対に何かがおかしいに違いありません。実は、おかしい……

スイスの使用説明書

Gebrauchsanweisung スイスは、日本でも人気の高い国の一つではないだろうか。 グアムや東南アジアのように気軽に行ける場所ではないが、訳者が日本に帰ってはじめて会った人にスイスに住んでいることを話すと、「いいわねえ、スイスは憧れの国なのよ」などと言われることが少なくない。また、永世中立国であることや美しいアルプスの国であることもよく知られているようであり、スイスは日本にとって比較的身近な国といえるようだ…...

お金と幸福のおかしな関係

Tretmuehl_small

幸福は古今東西、 永遠のテーマである。そして、「お金で人は幸せになれるか」という問いもよく耳にする。それに対してよく聞く答えは「幸せにはなれないかもしれないが、安 心は得られる」というものだ。確かにお金はあったに越したことはない。だが、経済学者である本書の著者によると、問題はその使い方なのだ。私たちは幸せになるために一生懸命働いてお金を得る…...

Comments are closed.